\ ポイント最大45.5倍! /

hl-l3230cdw ブラザー レーザープリンターの購入して分かった真実!良かった?残念?

【PR】

hl-l3230cdw ブラザー レーザープリンターの購入した。事前の調査や購入後、実際の使ってみた結果をまとめてみました。

hl-l3230cdw ブラザー レーザープリンターを購入しようかと検討している方の参考になれば幸いです。

目次

hl-l3230cdw ブラザー レーザープリンターの購入をきめた理由

hl-l3230cdw ブラザー レーザープリンターの購入をきめたのは、3年前にキャノンのA4カラーレーザーを購入して、使用頻度は毎月数百枚。

でも、4種類のトナーのどれかを毎月購入しなければならないような状況でした。

トータル2万枚ぐらい印刷した時に、文字が”かすれ”てきました。

トナーも2割ほど残っていたのですが、どれが悪いのか見当がつかないので4色すべての純正を購入し取り換えてみたが、“かすれ”の症状は変わらず。

もう一度購入するのはどうかと思い、リサイクルトナーを入手しました。するとある程度”かすれ”が解消れていましたが、2、3日でまた”かすれ”が酷くなり、他のパーツが原因かもしれないが出張修理交換にお金をかけたくないので買い替えを決めました。

hl-l3230cdw ブラザー レーザープリンターの購入前に調べたこと/

納期と価格

hl-l3230cdw ブラザー レーザープリンターの購入を決める前に、買い替えも同じくキャノンに決めてアマゾンで購入決済をしましたが、到着予定が非常に遅いことが分かり、キャンセルしました。


 そこで、即納ができるA4仕様のカラーレーザをアマゾンで検索したら、「hl-l3230cdw」がヒットし土曜日に決済して火曜日に手に入るとのこと。そこで仕様を調べてみると、10-BASE Tと無線LANが両方とも標準搭載でした。価格もキャノンと比べて1万円も安いのに両面印刷対応で即購入ボタンをクリックしました。

hl-l3230cdw ブラザー レーザープリンター

hl-l3230cdw ブラザー レーザープリンターアマゾンでの価格を見てみる

hl-l3230cdw購入後に体験した 良い点・残念な点

hl-l3230cdw購入後のセッティングが分からなかった


早速届いたプリンターを開梱して、トナーカートリッジを取り付けますが、キャノンしか使用したことがないので、説明書を読まずにセッティングを試みたら????わかりません。

改めて説明書を読んでトナーカートリッジを取り付けました。

標準装備されている10-BASE Tがどこにあるのかなかなか見つけにくい場所にありました。

テキスト ボックス: アドレスは以前のプリンターのIPを使用用紙をカートリッジにセットし、250枚くらい入ります。
ビックリです。
電源を入れてテストプリントしたらとても静かです。
スタートアップも早いのでこれも驚きました。
紙が排出されるときに変な音(サー)がします。
印刷中はとても静かなのでそこはいいという人もあるかもしれませんが、筆者的には残念です。


プリンター設定をデフォルトのままで使用していたため、それが両面印刷モードでした。

100枚も現品カードを印刷したので、両面印刷ですべて廃棄。
普通は片面印刷がデフォルトで、両面印刷をかけたいときはプロパティで選択しますよね。
使用しているPCのセッティングをすべて変更羽目となりました。

デフォルトのが両面印刷設定になっているので注意!

hl-l3230cdw ブラザー レーザープリンターのトナーの価格、交換


使用して2ヶ月が経ち黒のトナーが交換のメッセージが流れました。そろそろ変え時かと思い、アマゾンで黒トナーを検索したら値段に驚きました。

キャノンは純正で5-6千ぐらいで購入しておりましたが、ブラザー1万円?です。
プリンターを新しく購入したほうが安いのです。

以前家電量販店でEPSONの1.6万円のインクジェットプリンターを値段交渉して0.8万円に値切ってもらい、気を良くしてインク2セット買ったら1.6万円だった記憶が戻ってきました。
機材は安く消耗品で稼ぐです。そりゃそうですよね。90年代にキャノンのモノクロA4は24万円で購入しましたし、初のA4カラーレーザーは300万円ぐらいですから。さすがにこれは買えませんでしたが、トナーの交換をした記憶もあまりありません。

昨日要トナー交換のメッセージが状態で使用していたらプリンターが全く動かなくなりました。トナーを外して振ってみましたが、変化なしです。もう一度手が汚れるくらいに振りましたが、プリンターが印刷してくれません。
キャノンの場合は画質を保証しない強制印刷モードがありましたので、ブラザーもそれに相当する応急処置があるのかいろいろ調べてみましたが、見つけることができませんでした。

仕事に影響が出てしかたなく、2か月たって初めてのトナー交換の為注文を入れました。
純正ではなくリサイクルを選びました。リサイクルトナーの値段も幅がありましたが、一番安いのを選んでみました。
早速本日黒のリサイクルトナーが届き、ドキドキしながら印刷された書類を確認すると、全く問題がないことが分かりました。とてもお手頃価格です。リサイクルは当たりはずれがあるのでしょうが、たまたま当たりだったのかもしれません。


 

アマゾンでhl-l3230cdw ブラザー レーザープリンタートナーを見てみる

まだ使用して2ヶ月なので廃トナーのボックスはたまっておりませんが、これもそのうちに交換することがあると思います。消耗品の欄にドラムユニットや、ベルトユニットがありますが、これを交換しながら長く使うより、また新しく買い替えたほうが賢明かもしれません。

付属のソフトでブラザーユーティリティがありますが、これは非常に使いやすくわかりやすい感じがしました。

hl-l3230cdw ブラザー レーザープリンター購入してみてのまとめ

個人使用として、初めてカラーレーザープリンターを購入する方にはおすすめです。
理由はコスパがとてもいいかと思います。
10-BASET、無線LAN、両面印刷が標準装備もされていますので用紙の使用に関しても経済的かと。
とはいえ、大量に印刷をするユーザーや企業向などにはオススメしません。
純正の消耗品はキャノンと比べてコスパが悪いので、リサイクルで納得する方ならばいいかもしれません。キャノンよりブラザーのほうがリサイクルは安いですよ。
使ってみた使用体験ですので参考になるかとまとめてみました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次